高いおせちから学んだもの

私は昨年初めておせちを通販で購入しました。 結婚して二回目のお正月でした。 初めてのお正月は自分で作ったのですが、このときが人生で初めておせちを作ったので、正直大成功とは言い難い出来栄えではありました。 なによりも30日から下ごしらえを始めて、二日間かけて作ったのですが、時間をかけた割には主人にはあまり好評ではなかったのです。 もちろん、来年のお正月はもっと上手におせちを作ろうという意気込みはありました。 しかし、妊娠し、ちょうど年末年始の頃につわりの時期がかぶってしまい、とても一人であの大量の料理はできないと、おせちを通販で購入することになったのです。

妊娠がきっかけで・・・

決して安いものではないので、正直かなり悩みました。 実家の母に頼んで作ってもらおうかとも考えたのですが、実家は昔から人数が多いのでおせちではなく鉢盛りを作っていましたし、主人も妊娠中くらい良いもの食べてと言ってくれましたし、何より美味しい通販の高級なおせちを実際に食べてみるのも勉強になるなと思ったのです。 私はおせちを作る際に、インターネットのレシピを参考にしたり、母から作り方を聞いたのですが、私の作り方が悪いのか、インターネットの写真のような綺麗な見た目にならなかったり、母の味にはならなかったのです。 特に黒豆、出し巻き卵はシンプルな味なだけに、納得のいく味に近づけることができませんでした。 また、よくある定番のものだけでなく、ちょっと趣向を凝らしたものや、アレンジを加えたものも作れるようになりたいという気持ちもありました。 そこで今後おせちを通販で購入する機会はもうないと思い、思い切ってかなりお高めのおせちを購入しました。 届いたおせちのお重のふたを開けて、その見た目の綺麗さには本当に目を奪われました。 自分の作ったおせちとはあまりにも違うそのおせちに感動しました。 もちろん味も自然と笑顔になってしまうような美味しさで、通販でおせちを注文した後にちょっと高すぎたかなと正直後悔していたのですが、そんな後悔はどこかへ飛んでいくほどでした。 3回目のおせちを作る時は、このときのおせちにあったものを自分なりにアレンジし、1回目とは比べ物にならない程満足のいくおせちを作ることが出来ました。