夫婦で自営業をしていますので、「おせち通販」を利用しています

私の妻は料理が好きで、腕前もそこそこです。結婚してからずっと専業主婦でしたから、毎年暮れになると、早くから準備をして、おせち料理のほとんどを手作りしていました。子どもたちにとっても、お母さんの作ったおせちを正月に食べられるのは、幸せなことだったと思います。 その妻がおせちを作れなくなりました。私が脱サラして、夫婦で自営業を始めたからです。小さな小売店なのですが、暮れは商売の書き入れ時。大晦日まで店を開けます。ですから当然、妻が暮れにおせちを作る時間的な余裕はまったくありません。最後の1週間は、まさに「猫の手も借りたい」ほどなのです。 そこで、おせちはスーパーで買ってくるようになりました。当時はおせちの通販がまだなかったか、あったとしても今のように一般的ではなかったのです。通販でおせちを買うという発想が、少なくても私たち夫婦にはありませんでした。 初めて通販でおせちを買ったのは3年前。通販でおせちが買えることは、その少し前から知っていましたが、私も妻も「スーパーで買ってくればいいや」と考えていたのです。きっかけは、友人に勧められたこと。友人宅ではネット通販をよく利用していて、おせちもネットで買っているという話を聞きました。種類が豊富で、グレードも高い。決まった店に行って選ぶより、ずっと多種類を吟味することができる、とその友人は言いました。 それを聞いて、「よし、今年はネット通販を利用してみよう」ということにしたのです。

やっぱりスタンダードのお節が一番

先ほど言いましたように、暮れは大変いそがしくなりますから、早めに注文することにしました。まだ少し気持ちに余裕のある時期に、夫婦いっしょにネットを検索。これがなんとも楽しい時間なのです。友人の話どおり、ほんとうにたくさん種類があって、価格もいろいろ。家計にあわせて選べるのもうれしいところです。 前に買っていたスーパーのおせちセットは、値段がある程度限定されてしまいますから、その点も大いに気に入りました。妻にとってはスーパーでおせちを買うという、暮れの仕事がなくなったわけですから、大喜びでした。 最初の年はオーソドックスなおせちにしました。大満足だったので、それから毎年利用しています。次の年は別のタイプにしてみようと相談して中華おせちに替え、3年目の今年は洋食おせちにしてみました。 けれど、夫婦そろって保守的なところがあり、「中華や洋食よりも、やっぱり日本らしいおせちがいいね」というのが2人共通の感想。要するに「正月気分」が、和食でないとイマイチ出ないのです。来年のおせちはもちろんまだ決めていませんが、オーソドックスなタイプに戻そうと思っています。 おせちをネット通販で買うようになってから、お正月の楽しみがグレードアップしたような気がしています。